海外プリペイドカードマニアがマネパカードを選んだ理由

マネパカードは海外プリペイドカードとして便利なだけでなく、資産運用にも利用できる便利なカードです。他の海外プリペイドカードと比べたマネパカードのメリットやデメリットをお伝えします。

*

カンボジアでマネパカードを使った体験レポート

      2017/08/05

出張でカンボジアに行き、マネパカードを使いました。

 

カンボジアは米ドルが普通に使えるので楽です。あらかじめ円高の時に米ドルに両替してマネパカードにチャージしておきました。

⇒チャージのしかたはこちらご参照

 

プノンペン国際空港のATMで米ドルをおろしました

 

クレジットカードと海外プリペイドカードのマネパカードの2枚を持って行き、現金は数ドルしか持って行かなかったので、空港のATMからお金をおろすことにしました。

 

あったあった!ATM!

クメール語にちょっとビビりましたが、構わずカードを差し込みました。

 

ちょっと見慣れた文字が…

 

↑言語を選ぶと、英語でピンコードを入れるように促されます。

 

 

今度は操作を選びます。出金したいので”WITHDRAWAL”。

 

金額は10ドル~1,000ドルまでの選択肢から選ぶか、それ以外の場合は ”OTHER AMOUNT”を選んで数値を入力します。

 

 

出金元を聞かれるので、”SAVINGS(普通口座)”を選びます。スペルが ”SAVEINGS”になってるんですけど…(笑)

 

まれに”SAVINGS(普通口座)”では引き出せない時があり、その場合は”CREDIT”を選ぶそうです。

 

 

↑少し待たされる時はこんな画面です

 

空港のATMは利用手数料が高くて、なんと5ドルもかかりました!

 

「高すぎる!」とかで操作をやめたい場合は、ここで ”NO”を選びます。

 

私はどうしても必要だったので、 ”YES”を押しました。

すると「引き出しが完了しました。カードを抜いて下さい。」と表示され、カードが戻って来ました。

 

 

そして、「現金とレシートをとって下さい。」と表示されました。

 

 

現金を受け取り、レシート(明細)を受け取ります。

 

 

 

 

どこの国でもATMの操作はあまり変わりなく、慣れてしまえば楽に現金を入手できます。

なお、マネパカードでお金をおろす時は、マスターカードのマークがついたATMを選んで下さい。

 

 - 入金から使うまで

  関連記事

マネパカードでユーロを使う

海外でユーロを使う準備 マネパカードで使える5つの通貨の中から、ユーロを使ってみ …

マネパカードで豪ドルを使ってみる

海外で豪ドルを使う準備 マネパカードで使える5つの通貨の中から、豪ドルを使ってみ …

マネパカードでマイナー通貨を使ってみる

海外でマイナー通貨を使う準備 マネパカードで使える通貨は、デフォルトでは次の5つ …

マネパカードで英ポンドを使ってみる

海外で英ポンドを使う準備 マネパカードで使える5つの通貨の中から、英ポンドを使っ …

イタリアでマネパカードを使った体験レポート

念願のイタリア!寒い季節だからどうかな?とは思ったのですが、ダウンじゃなくても意 …

ハワイでマネパカードを使った体験レポート

ハワイでマネパカードを使って来ました。   当たり前ですがハワイでは米 …

マネパカードを国内で利用してみた

マネパカードは海外で使うからお得で便利なのであって、国内で使うつもりはサラサラあ …

マネパカードで香港ドルを使ってみる

海外で香港ドルを使う準備 香港ドルを使える海外プリペイドカードは他にもありますが …

マネパカードで米ドルを使ってみる

海外で米ドルを使う準備 マネパカードで使える5つの通貨の中から、米ドルを使ってみ …